活動団体
活動団体
事例・経験
活動団体/事例・経験
活動団体
 
認定NPO法人 湘南ふじさわシニアネット
 湘南ふじさわシニアネット(SFS)は2003年に誕生し、2013年に認定NPO法人に認定されました。
 設立当初より、「単一課題」の解決を目指す多くのNPOとは異なり、知識・技術・経験を活かして「多様な課題」の解決を目指すユニークな活動を続けています。具体的には下記の7つの事業目的に分けられ、図で表すと、情報化社会を中心にして、多様な分野の活動が見えます。
・シニアの持つ知識・技術・経験を生かし、地域社会に貢献する
・アクティブシニアの地域社会における「居場所」であり、地域貢献や仲間づくりの「出番」がある
・「働き」、「学び」、「楽しみ」、そして仲間と交流して「生きがい」を感じる
それぞれの詳しい内容は、ホームページをご覧ください
紹介動画(Youtube 3分)はこちら
00sample
また、多くの同好会や交流の場があります。
コーラス愛好会は、コロナ禍で集まって練習できなくても、何とかコーラス活動を続けたいとの思いから、「多重録音」によりコーラス曲の作成に挑戦しています。各メンバーが自宅で自分のパートを録音し、それらを集めて全員分を一度に録音しコーラス曲にします。自分の声を繰り返し聴くことにより、大変有効な練習となっています。
リモート合唱「五番街のマリー」はこちら
00sample
あれそれ会では、「誰でも参加できる」、「誰でもイベント提案が出来る」、「行動しながら親睦が図れる」をモットーに、毎月様々な活動(ハイキング、バス旅行、観劇会、海外旅行)をしています。コロナ禍で制限が多くなりましたが、「密」を避ける工夫をして、逗子の二子山へ森林浴に行ってきました。標高約208mですが山頂からは東京湾が望めました。お薦めのハイキングコースです。
 
SFSはシニアの地域社会での「居場所」であり「出番」があります。私たちと一緒に、「働き」、「学び」、「楽しみ」ましょう。
お問い合わせはこちら