事例・経験
活動団体
事例・経験
活動団体/事例・経験
事例・経験
でも説明書がないため「最初は下手に触ったら壊しちゃうんじゃないか・・・」と恐る恐る触っていましたが、新聞に掲載されていた「わいわいデジタルサロン(NPO湘南ふじさわシニアネット開催)」の記事を見てすぐに応募し、iPadの使い方を習うことにしました。

iPad 02

 月に1回は、88歳の母と一緒に旅行に行くのですが、旅行前には、電車の時刻表や、目的地周辺の地図などをすべてiPadで確認し、細かいタイムスケジュールを作ります。iPadを使い始めるまでは、分厚い時刻表や本などを片手に、ノートに書いていたのですが、今ではiPadがそのすべてを担ってくれます。

また、気学や風水に興味があるので、これにもiPadが欠かせません。「あちこち方位」というホームページをiPadのホーム画面に登録し、旅先などでいつでも方位を確認できるようにしています。地図で見るよりも、より正確で細かい情報が得られるのが気に入っています。 

iPad 03

 

最近では母の介護にもiPadが大活躍しています。「血圧ノート」アプリに毎日の血圧を記録して医師 に見せたり、「通院ノート」アプリに医療費を入力して管理しています。
どうしても寝付けない夜は「ナンプレ」アプリで数独をやったりと、ボケ防止にも役立ちそうです。他にも、YouTubeで昔見た映画のテーマ曲を聴いたりして、iPadを自分流に使いこなしています。 

iPad 04

 

  なんとなく恐いので、SNSとiPadでの買い物は未だ体験していませんが、自分がやりたいことだけをマイペースに使って毎日iPadを楽しんでいます。                                                                                   (OGURA)