事例・経験
活動団体
事例・経験
活動団体/事例・経験
事例・経験

応援しています! ⇔ ありがとう!
藤沢市民病院は、新型コロナウイルス感染症の拡大を見据えた医療体制「神奈川モデル」の高度医療機関及び重点医療機関協力病院として,重症・中等症の患者を中心に治療しています。(藤沢市議会 議会用ファイルより)
境川を隔てて向かい合う市立大清水中学校生徒会では、職員に対する感謝の気持ちを伝えるとともに、患者さんを励まそうと音楽室の窓ガラスと体育館の窓ガラスにメッセージを貼りだしました。 
sample
音楽室から「ありがとう!医療チーム」
sample
体育館から「応援してます!患者さん」
このメッセージを受けた藤沢市民病院では、感謝の気持ちとともに、コロナ禍による新たな社会生活のなかでさまざまな制限が強いられる生徒たちを少しでも元気づけようとの思いから、東館8階B病棟の窓ガラスにメッセージを貼りだしました。 
sample応援ありがとう‼ 大清水中学校の皆さん
sampleたかしょう橋の手前が大清水中学校
中学校生徒会の皆さんの発案で始まった「エールの交換」については、大清水中学校と藤沢市民病院のそれぞれのホームページに掲載されていますので、ご覧ください。
 藤沢市立大清水中学校のホームページはこちら
 藤沢市民病院のホームページ内記事はこちら