事例・経験
活動団体
事例・経験
活動団体/事例・経験
事例・経験
walk00 市では、市民の皆さんが住み慣れた地域で、体も心も元気に健康で長生きできるまちを目指しています。健康を維持するために、ウオーキングなどの運動に取り組んでみませんか。 【広報ふじさわ2016年3月25日号】
問い合わせ 健康増進課【電話】(50)8430
 気候が穏やかでサクラなどの花々が咲く春は、ウオーキングにぴったりの季節です。歩き方のコツや安全に歩く方法などを確認し、市内を歩いてみませんか。
walk01
 
◎病気の予防・改善
糖尿病や高血圧などの生活習慣病や肥満・骨粗しょう症を予防・改善するほか、適度に体を動かすことで肩こり・腰痛・頭痛などを和らげる効果があります。

◎基礎体力の向上
体力を高め、疲れにくい体になります。災害時に自力で避難できる体力の維持にもつながります。

◎心の健康を保つ
脳が活性化され気分がすっきりすることで、ストレス解消につながります。
 
 
 
 
 
 
  walk02
健康状態や体力に合わない運動をしていると、健康を損なうことがあります。次のポイントを守り無理なくウオーキングを続けましょう。
☆体調がすぐれないときは、歩くのをやめましょう。歩く前に自身の体調を確認する習慣を身に付けましょう
☆準備体操や整理体操を行いましょう
☆「楽である」から「ややきつい」と感じる範囲を目安に歩きましょう

walk03
長期間にわたりウオーキングを楽しむために、仲間と一緒に歩いたり、目標を持ったりするなどの工夫をしてみましょう。
☆歩数計を活用しましょう
☆電車やバスの区間を歩くなど、歩くコースに変化を付けましょう
☆記録を付けたり、目標を立てましょう
☆家族や仲間と一緒に歩きましょう
☆ウオーキングの教室や大会などに参加してみましょう

walk05

健康づくりウオーキングマップは、1995年から市と健康普及員(市民ボランティア)が作成しています。 walk06
今回、ウオーキングの方法や安全に楽しく歩くためのポイントなどについて改訂しました。身近な場所で仲間や家族と一緒に歩いてみませんか。
【配架場所】
市役所新館受付案内、保健所、保健医療センターほか