市からのお知らせ
お役立ち情報
お役立ち情報
市からのお知らせ
藤沢市と昆明市は友好都市提携40周年を迎えました!
 藤沢市と中華人民共和国雲南省昆明市は、1981年(昭和56年)11月5日に友好都市提携を結び、今年で40周年を迎えました。
 新型コロナウイルス感染症により、人と人との直接的な交流が難しい中、友好都市提携40周年を記念して、交流事業としてオンラインで両市代表者会談や医療分野会談を行うほか、日中文化交流動画を配信します。
1105nicchuuyuukou
▶オンライン会談について
両市代表者会談
 藤沢市と昆明市の友好都市提携記念日である11月5日(金)に、両市代表者会談を行います。

出席者
【藤沢市】藤沢市長/藤沢市議会議長/藤沢市都市親善委員会会長兼藤沢市・昆明市友好都市提携40周年記念事業実行委員会実行委員長/湘南日本中国友好協会会長/聶耳記念碑保存会会長/藤沢市・昆明市友好都市提携40周年記念事業実行委員会実行委員
【昆明市】昆明市人民代表大会常務委員会主任/昆明市人民政府副市長/昆明市人民政府外事弁公室主任/昆明市人民政府外事弁公室副主任
内容:代表者スピーチ、覚書への署名、記念品の交換、関係者によるスピーチ
代表者会談の様子:後日配信予定
医療会談
 11月6日(土)に、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症について、両市の医療関係者による医療会談を行います。
出席者
【藤沢市】藤沢市医師会副会長/藤沢市保健所長/藤沢市都市親善委員会会長兼藤沢市・昆明市友好都市提携40周年記念事業実行委員会実行委員長
【昆明市】藤沢市】藤沢市医師会副会長/藤沢市保健所長/藤沢市都市親善委員会会長兼藤沢市・昆明市友好都市提携40周年記念事業実行委員会実行委員長
内容:ワクチンに関すること、病院の入院者が多数になった場合の対応に関すること
医療会談の様子:後日配信予定
友好都市提携の経過について
 中国国歌「義勇軍行進曲」の作曲者で、中国現代音楽の先駆者といわれている聶耳(ニエアル)が1935年(昭和10年)に来日し、鵠沼海岸で遊泳中に帰らぬ人となりました。異国の地で生涯を終えた青年の死を悼んだ市民により、1954年(昭和29年)11月に聶耳を偲ぶ記念碑が建てられました。これをきっかけに両市は交流を深め、1981年(昭和56年)8月、昆明市長から友好都市提携をしたい旨の文書が寄せられ、同年11月5日、友好都市締結の調印式が行われました。
日中文化交流動画 (藤沢市ホームページにリンク)
 友好都市提携40周年記念市民交流事業として、日本の伝統文化を昆明市の皆さんに伝えるため、動画配信をしています。(藤沢華道協会、藤沢雅楽協会、多摩大学・雲南大学滇池学院文化交流イベント)
昆明市について(藤沢市ホームページにリンク)
 中国西南地区南部に位置し、ベトナム、ラオス、ミャンマーの各国と国境を接する雲南省の省都です。人口約846万人で政治、経済、文化交流の中心都市です。漢族のほかにイ族、白族等25の少数民族が住んでいます。東、西、北の三方が山で囲まれ、南は広い滇池(テンチ)に面した海抜約1,900メートルの高原にあり、平均気温14.5℃と温暖なため、古くから「春城」の別名があります。