市からのお知らせ
お役立ち情報
お役立ち情報
市からのお知らせ
AI による対話型案内「おしゃべり案内板」の実証実験実施中 
藤沢市役所本庁舎1階エントランスに、タッチと音声に対応した多言語 AI 案内サービス「おしゃべり案内板®」が設置され、初日の6月21日(月)に説明がありました。
藤沢市が、「藤沢市ロボット未来社会推進プロジェクト」の具体的取組である新型コロナウイルス感染症に伴う新しい生活様式に対応したロボット利活用の促進を図るため実証実験を行うもので、自治体では初めてです。
sample
(株)NTTドコモの説明を聞いた鈴木市長(写真上)は、「本市が掲げている『デジタル市役所・スマートシティの推進』の一環です。新型コロナウイルス感染症対策が期待できるとともに、外国人に対して多言語での対応が可能です。」と話した。 

実証実験では、音声操作が可能で、ふじキュンとバーチャル職員が一次応対を担当し、多言語対応(日、英、中、 韓、タイ)です。利用データを活用して、案内の改善をしてゆきます。
*「おしゃべり案内板」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
sample 
【実証実験の概要】
日 時: 2021 年6 月 21 日(月)~ 2021 年 8月20 日(金) 平日 のみ 9 時~ 17 時
場 所: 藤沢市役所本庁舎1階エントランス
問合せ: 藤沢市役所 企画政策部 デジタル推進室 電話: 0466(50)8261(直通)