市からのお知らせ
お役立ち情報
お役立ち情報
市からのお知らせ
 市では、藤沢市タバコ対策協議会を設置し、禁煙したい人がやめられる環境づくりや未成年者が喫煙しない環境づくりなどを推進しています。受動喫煙の防止や禁煙について考えてみませんか。

喫煙による健康被害について
喫煙による健康被害について
 近年、喫煙が原因のがんや心臓病などにより死亡する人は、日本では年間約12万人いると言われています。喫煙による健康被害は本人だけでなく、受動喫煙による被害も深刻です。
 がん、循環器疾患(脳卒中、虚血性心疾患)、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、糖尿病などの生活習慣病は、喫煙が最大の原因と言われています。禁煙を勧め、受動喫煙を防止することは、生活習慣病予防のために大切なことです。
※COPD…喫煙などによって気道や肺胞に炎症が起こり、肺の働きが低下する病気

市では喫煙に関する目標値を設定しています
 市では、生活習慣病の発症を予防し、健康寿命を延伸するために、元気ふじさわ健康プラン藤沢市健康増進計画(第2次)を策定し、喫煙に関する市民の行動目標と目標値を定めました。

★現状と目標値・市民の行動目標
 ●乳幼児期・青少年期
項    目 現    状 目標値
 妊婦の喫煙率  3.6% ※1 0%   0% 
 成年期の喫煙率 

小学6年生 0.4% ※2

中学3年生 3.2% ※2 

高校3年生 4.8% ※2 

 0%
 未成年者と同居する大人の喫煙率  今後調査   0% 
 
 ●成人期
項    目 現    状 目標値
成人喫煙率 

20歳以上 13.4% ※3 
男性 20~39歳 28.9%
   40~64歳 26.3%

女性 20~39歳 9.7%
   40~64歳 10% 

0%に近付ける
禁煙支援機関数

今後調査 増加
COPD認知率20歳以上  29.8% ※3  増加 

禁煙・分煙協力店舗 42店舗(3月現在) 増加
 
 ●高齢期
項    目 現    状 目標値
喫煙率  6.9% 
男性 10.2%
女性   3.6%
0%に近付ける
禁煙支援機関数

今後調査 増加
COPD認知率20歳以上  29.8% ※3  増加 

禁煙・分煙協力店舗 42店舗(3月現在) 増加
※1 2012年度妊娠届出書  
※2 2010年タバコに関するアンケート調査
※3 藤沢市健康増進計画最終評価アンケート調査(2013年度)

禁煙したい方へ
 たばこをやめたいけどやめられない…と悩んでいる方は、禁煙外来のある医療機関、禁煙指導をしている薬局、専門機関、市などにご相談ください。
 たばこをやめられないのは意志が弱いからではなく、ニコチン依存症が原因と言われています。禁煙補助薬(ニコチンパッチやニコチンガム)や禁煙治療薬(内服)の利用など、自分に合った方法を見つけて、禁煙しましょう。

問い合せ 健康増進課
電話 50-8430