市からのお知らせ
お役立ち情報
お役立ち情報
市からのお知らせ
tatemonotaisin
 市では、災害に強いまちづくりのために建物の耐震化の促進に取り組んでいます。ご自宅の耐震性を、見直してみませんか。
【広報ふじさわ2016年7月10日号】より
地震に対する建物の安全性の向上に取り組んでいます
 建築基準法の耐震基準は、1981年6月1日に大幅に強化されています。近年発生している大地震では、81年5月31日以前に建築された建物が深刻な被害を受けています。このことからも、特に築35年以上の建物の耐震化が喫緊の課題であることが分かります。
 市では、藤沢市耐震改修促進計画を策定し、建物の耐震化の促進に取り組んできましたが、不特定多数の方や避難弱者が利用する大規模な建物に対して耐震診断を義務付けるなど、計画を改定し、取り組みを強化しています。また、住宅や多くの方が利用する建物の耐震化率を、2020年度末までに95%とする目標を定めています。 

耐震診断を義務付ける道路を指定しました
 市では、災害時に緊急輸送道路などとなる重要な道路沿いの建物のうち、地震によって倒壊した場合に道路をふさぐ恐れのある建物の所有者に、耐震診断の実施と2020年度末までにその結果を市に報告することを義務付けました。
対象
 県道22号 県道43号 国道467号に敷地が接する1981年5月31日以前に建てられた建物
 ※建物の高さに関する規定など、この他にも対象要件があります
 ※該当する可能性のある建物の所有者には、既に個別にお知らせしています

復興支援の現場からの声
 市では、熊本地震の復興支援の一環として、熊本県熊本市と益城町に職員を派遣しました。派遣された職員の声を紹介します。
 「被災した建物を赤(危険)・黄(要注意)・緑(調査済)の3段階で判定する『応急危険度判定』という業務に従事しました。
やはり1981年以前の耐震基準で建てられたと思われる古い建物は、被害が深刻な印象でした。特に瓦屋根の場合、屋根の重みで被害が大きくなっている例が多く見られました。
 築35年以上の建物でも、耐震改修工事を行うことで多くの場合、震度7の地震に耐えられる強度に補強することができます。自分や家族を守るために、まずは積極的に耐震診断を受けてほしい、と改めて感じました」

耐震診断・工事などに市の補助金を活用してみませんか まず相談を!
 補助金を活用する場合、耐震診断や耐震改修工事を行う前に、建築指導課に事前相談をする必要があります。
※申請は先着順です。予算がなくなり次第終了となります
※詳細は市のホームページの同課のページをご覧になるか、お問い合わせください

事前相談の予約: 電話で建築指導課へ
【電話】(25)1111内線4233、【FAX】(29)1353
ホームページ: 建築指導課