藤沢市いきいきシニアライフ

いきいきレポート
nakama1 sigoto1 yakuniytatu1 manabu1 kenko ikiiki1 tanosimu1
bowlingシニアの楽しみボウリング
 皆さんもボウリングをやってみませんか?

(取材協力 湘南とうきゅうボウル)

bowl2昭和40年代は、ボウリングの大ブーム

 団塊の世代が新入社員だった昭和40年代 ボウリングの大ブームでした。コンパもデートもボウリング。
 長い時間待ちもちっとも気になりませんでした。
 須田開代子さん、中山律子さんにテレビで声援を送ったのを覚えていますか? 青春の思い出ですね。
  ピークの時は、全国でセンター数が約4,000、レーン数も12万を数えました。


bowl3今、ボウリング場では?
 今センター数は1,000を、レーン数も3万を切りましたが、どのボウリング場も生き残りをかけて工夫をこらしています。ターゲットはシニアとジュニア(小学生)です。
 ボウリング場の支配人さんの話を聞いてみました。「会員になってくださっている6割から7割はシニアの方です。初心者教室を開いていますがシニアの方が殆どです。低額で一通り教えマイボールも持てます。教室が終わると、後は毎週行われるリーグに参加し仲間と楽しくコミュニケーションされています。シニア向けの割引デーもあります。」
 仲間達と毎週同じ日にボウリングを楽しむグループの方々にも聞いてみました。「もう8年前から毎週1回地域の仲間と楽しんでいます。後の懇親会も楽しみです。奥様方にも好評です。」
 また、週に何度もボウリングを楽しむご夫婦も。

  からだとこころの健康に! ボウリング!!
Bowl1
 シニアがボウリングする利点はたくさんあります。
・誰でも出来て適度な運動量 からだの健康に良い。
・夫婦で行えば家庭円満、仲間と行えば良いコミュニケーション、ボウリングを通じて新しい友達もできる。
・ストライクで気分最高。ストレスも解消。
・明日はもっと良いスコアを出そうと前向きな人生。
 生きがいになって、からだもこころも元気になります。
 公益社団法人 日本ボウリング場協会では毎年全国長寿ボウラー番付を発表していますが、長寿ボウラーの数はウナギ昇り。

thumb 104782b thumb 151981r皆さんもボウリングをやってみませんか?

周辺のボウリング場 ※詳しくはホームページをご覧ください。

menu
faiayoutube